友枝昭世

友枝昭世(ともえだあきよ)

友枝昭世

喜多流能楽師。
1940年、肥後熊本、加藤家・細川家のお抱え
能役者の本座・友枝家に友枝喜久夫の長男と
して、東京に生まれる。
1946年、能楽シテ方喜多流十五世宗家喜多実
に師事。1947年、「鞍馬天狗」花見にて初舞
台を踏み、1950年「西王母」で初シテを勤め
る。

プロフィールの続きへ

舞台写真 ©東條睦子

演能予定・その他出演予定

NEW! 2017年7月1(土)
14:00開演(13:30開場) セルリアンタワー能楽堂

セルリアンタワー能楽堂 喜多流 定期能7月

セルリアンタワー能楽堂定期能7月公演喜多流

本年のセルリアタワー能楽堂定期能喜多流は友枝昭世「烏頭」を上演いたします。 「おはなし」は馬場あき子先生です。 殺生の罪によって死後の苦しみを受ける曲目は「鵜飼」「阿漕」と本曲「烏頭」と3曲ございます。その中でも最も凄惨 ...

セルリアンタワー能楽堂 喜多流 定期能7月

於 セルリアンタワー能楽堂

おはなし 馬場あき子
能 烏頭 友枝昭世

内容紹介へ(チケット情報)

NEW! 2017年5月3日(水・祝)
14:00開演(13:30開場) 川崎市麻生市民館ホール

ー友枝昭世と山本東次郎の至芸ー

能と狂言 人間国宝の競演

毎年ご好評をいただいている川崎市麻生市民館ホールでの演能企画を本年も行います。 公演前には、歌人・馬場あき子先生による解説があり能を初めてご覧になる方にもお楽しみいただける公演になっております。 ゴールデンウイークの1日 ...

ー友枝昭世と山本東次郎の至芸ー

於 川崎市麻生市民館ホール

解説 馬場あき子
狂言「昆布売」山本東次郎
能「自然居士」友枝昭世
 

内容紹介へ(チケット情報)

開催終了 2017年3月22日(水)
19:00開演(開場18:00) 国立能楽堂

特別公演 友枝昭世の會

友枝昭世の會

熊本復興支援特別公演「友枝昭世の會」を開催させていただきます。本年の収益にて微力ながら復興ご支援申し上げたいと思います。 当ホームページより一部のチケットの販売をしております。ホームページから記載のURLにアクセスの上ご ...

特別公演 友枝昭世の會

於 国立能楽堂

能 三輪 神遊 シテ友枝昭世 ワキ森常好 アイ山本東次郎

内容紹介へ(チケット情報)

開催終了 2016年11月6日(日)
13:00開演(12:00開場) 国立能楽堂

友枝会

友枝会

毎年11月の第一日曜日に開催させていただく友枝会。本年は11月6日(日)13:00より国立能楽堂で開催。 能「野宮」シテ友枝昭世、「国栖」シテ友枝雄人の二番です。 本年は当ホームページより一部のチケットの販売をいたします ...

友枝会

於 国立能楽堂

能 野宮 シテ友枝昭世
狂言 鐘の音 シテ野村萬
能 国栖 シテ友枝雄人

内容紹介へ(チケット情報)

開催終了 2016年10月14日(金)
18:30(開場18:00) 厳島神社能舞台

友枝昭世 厳島観月能

友枝昭世 厳島観月能

本年で20回目を迎える観月能。本年は能「羽衣」・半能「高砂」を友枝昭世が勤めさせていただきます。 厳島神社での幻想的なひと時をお楽しみください。 お申込みは中国新聞社読者広報部・宮島観光協会・チケットぴあにてお願い申し上 ...

友枝昭世 厳島観月能

於 厳島神社能舞台

能「羽衣」 シテ 友枝昭世 ワキ 森常好
半能「高砂」 シテ友枝昭世 ワキ 森常好

内容紹介へ(チケット情報)

開催終了 2016年8月25日(木)
午後6時30分 国立能楽堂

◎素の魅力 袴能「天鼓」  友枝昭世

国立能楽堂八月企画公演 

天鼓 美しい音の出る鼓を持つ少年天鼓は鼓を召す帝の命に背き川へと沈められます。管絃講で弔われた天鼓の霊は鼓を奏で楽を舞い、妙なる鼓の音が秋の夜空に広がります。 今回は紋服での演能です。    

◎素の魅力 袴能「天鼓」  友枝昭世

於 国立能楽堂

仕舞「頼政」梅若玄祥
狂言「御茶の水」山本東次郎
狂言「文蔵」野村萬
袴能「天鼓」シテ友枝昭世

内容紹介へ(チケット情報)

メッセージ & トピックス

厳島観月能テレビ放映のお知らせ

12月22日更新 事務局

平成28年10月に厳島神社にて行われました「第二十回 厳島観月能」の放映がございます。後半には2月に和歌山市により復活された紀州徳川家版「石橋」の放映があります。是非ご覧ください。 放映日程は下記の予定になっております。 ... (続きを読む)

熊本地震にて被災されたみなさまへ

5月18日更新 友枝昭世

去る四月十四日の前震、十六日の本震により犠牲になられた方には衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災されたみなさま方にお見舞い申し上げます。 早々にお見舞い申し上げるべきところ、あまりの衝撃で今に至りました。 先祖伝来 ... (続きを読む)