友枝家の能

Welcome
Tomoeda is the family of traditional Japanese Noh performers.

「融」友枝昭世厳島観月能(2010年10月)・撮影東條睦子
「融」友枝昭世厳島観月能(2010年10月)・撮影東條睦子
「湯谷」友枝昭世・日経能楽鑑賞会(2010年10月)・撮影東條睦子
「井筒」友枝昭世・友枝会(2010年11月)・撮影東條睦子

最新情報

演者別の最新情報へ

  • 6月21日更新 〈ブログ記事〉 邯鄲の見どころ
    第2回洩花之能の開催まで一ヶ月を切りました。邯鄲はいわゆる名作として何度も、そして数々の名舞台がある作品ですが、あらためてそこを見返したいと思います。 邯鄲の舞台進行は 1 廬生が邯鄲の里に着き、宿を借りる。 2 宿の女 ... 続きを読む
  • 6月6日更新 〈演能予定〉 第26回條風会 
    2017年9月9日(土)開催/十四世六平太記念能楽堂
    第26回條風会。今回は「野宮」と「国栖」の2曲。野宮は源氏物語の六条御息所を主人公とした曲で、彼女の死後彷徨える魂が生前の深層心理を吐露する深い曲。一方、国栖は壬申の乱をテーマに政争に巻き込まれた清見原天皇を守る国栖族の ... 続きを読む
  • 5月30日更新 〈ブログ記事〉 熊本地震被災地復興支援金のご報告
    去る5月15日、当家当主、友枝昭世が大西熊本市長を訪ね支援金をお渡しいたしました。これは昨年11月の「友枝会」、本年3月「友枝昭世の會」の収益と有志の方々のご芳志も含め寄付させていただきました。 ご来場賜りました皆様のご ... 続きを読む
  • 5月18日更新 〈ブログ記事〉 小袖曽我・夜討曽我を終えて
    先日、セルリアンタワー能楽堂にて「仇討の光と影」の最初の演目を無事に公演させて頂きました。 今回は、曽我物語に由来した演目を時系列に並べるという企画でした。実は、以前より小袖曽我、夜討曽我、禅師曽我の三曲を順番に並べ、役 ... 続きを読む
  • 4月27日更新 〈ブログ記事〉 セルリアンタワー能楽堂 能の魅力を知る
    本日より7月28日(金)セルリアンタワー能楽堂企画公演 能の魅力を知る仇討の光と影「望月」の発売が始まりました。 この企画は5月13日の曽我兄弟の公演と連動した企画です。曽我兄弟の物語は有名ですが、望月も内容は非常にドラ ... 続きを読む

お能に参加する

稽古場紹介

仕舞、地謡、連吟…師とともお能に参加し稽古を重ねます。

お能の質問箱

  • Q.地謡での正座を持ちこたえる秘訣はありますか?
  • Q.能の舞台構造「鏡の間」について、個人的な経験を踏まえて教えていただきたいです。
  • Q.能楽では物狂いの「狂うさま」をどのように捉えて演じられるのでしょうか?