友枝家の能

Welcome
Tomoeda is the family of traditional Japanese Noh performers.

「融」友枝昭世厳島観月能(2010年10月)・撮影東條睦子
「融」友枝昭世厳島観月能(2010年10月)・撮影東條睦子
「湯谷」友枝昭世・日経能楽鑑賞会(2010年10月)・撮影東條睦子
「井筒」友枝昭世・友枝会(2010年11月)・撮影東條睦子

最新情報

演者別の最新情報へ

  • 6月11日更新 〈ブログ記事〉 「烏頭」の見方
    第三回洩花之能の演目「烏頭」について歌人の馬場あき子さんと馬場さんのお弟子さんで今回上演に先立って解説をお願いしている同じく歌人の梅内美華子さんに「烏頭」をどうご覧になっているのかを伺いました。 馬場 烏頭はやっぱり阿漕 ... 続きを読む
  • 6月7日更新 〈ブログ記事〉 第7回お能への誘いの会「井筒」
    7月14日(土)武相荘で開催させていただく”お能への誘いの会”今回のテーマは「井筒」です。 青柳恵介氏の興味深い解説をはじめ、小鼓方の成田達志氏にもご参加いただき実演もご披露させていただきたいと思 ... 続きを読む
  • 6月6日更新 〈演能予定〉 友枝雄人・花人 桐谷美香 「枕慈童」
    2018年9月24日(月・祝)開催/セルリアンタワー能楽堂
    この度、青柳恵介氏をはじめとする觀ノ会発起人の皆様からお声掛けを頂き、第一回の立ち上げ公演に参加させて頂くことになりました。日本の古典・伝統芸能の要とされる能楽について、現代の視点からその存在を考えるという会です。 古典 ... 続きを読む
  • 5月21日更新 〈イベント出演予定〉 第三回洩花之能「烏頭」事前講座
    2018年7月3日(火)開催/ギャラリー水・土・木
    第三回洩花之能に向けて事前講座を行います。今回ご覧頂く「烏頭」は「阿漕」「鵜飼」と並び、三卑賤と呼ばれ、殺生を生業とすることにテーマが置かれています。中でも「烏頭」は最も凄惨に殺生を描いていると言っても好いかも知れません ... 続きを読む
  • 5月2日更新 〈演能予定〉 友枝雄人「井筒」 友枝雄太郎「小鍛冶」
    2018年8月4日(土)開催/十四世喜多六平太記念能楽堂
    来たる8/4土曜日、喜多能楽堂におきまして、祖父の追善の五蘊会を催させていただきます。 五蘊会は昨年より私、友枝雄人の舞台活動の場として続けさせて頂くことになりました。本年は祖父の追善の年という事で、故人の好きであった井 ... 続きを読む

お能に参加する

稽古場紹介

仕舞、地謡、連吟…師とともお能に参加し稽古を重ねます。

お能の質問箱

  • Q.地謡での正座を持ちこたえる秘訣はありますか?
  • Q.能の舞台構造「鏡の間」について、個人的な経験を踏まえて教えていただきたいです。
  • Q.能楽では物狂いの「狂うさま」をどのように捉えて演じられるのでしょうか?